車買取 車査定10万以上得する手順と注意事項

車の買取 実際にあったトラブルと対策方法

車の買取 実際にあったトラブルと対策方法は?

全国には多数の買取り業者があり 株式上場している大手もありますが、一般の自動車販店が買取りを行っているのはごく普通です。

 

トラブルは双方の確認不足や受け取り方の違い勘違いにより起こる物がほとんどですが、中には悪質な業者やブローカーもいるので注意が必要です。

 

実例なので参考にしてトラブル回避していただきたいと思います。


買取り価格の減額要求されるトラブル

事故車と言われ、引き渡し後に減額された

新車を買うために今の車の査定を申し込んだ。 

 

3 日前、自宅に来てもらい査定してもらったら22 万円で買い取ると言われ、その場で契約し車を引き渡したが、

 

2 日後業者から「隣の県のオークション会場に運び点検したら、事故車と判明したので半額での買い取りになる」と言われた。 

 

3 年前に6 年落ちで購入したが、そのときには事故車だとの話はなく自分も事故を起こしたことはないと伝えたが、業者は、「納得がいかなければキャンセルするが、運送費3 万円を解約料として払え、払わないと車は返さない」と言う。
(2011 年11 月受付 30 歳代 男性 給与生活者 静岡県)

 

引き渡し後買取り価格を一方的理由で減額といわれるパターンは意外と多いみたいです。

 

買取り業者のプロの査定士が査定をするのですが、無理して価格を着けた時など「事故車だった」などとして、金額を下げてくるケースがあるようです。

 

一般的に査定時に事故の有無など確認するのが普通ですがこの時虚偽報告をした場合は別ですが、査定ミスを減額するのは悪徳業者ですね

 

 

 

注意しないといけないのは契約書(事故車と判明した際には後からでも減額できる、事情により再査定する場合がある、など)を定めている契約書があるものも
存在するようですが一方的に変更できるとする契約条項は問題があるようです。

 

事故の有無や走行距離の改ざんなど事実を告げ、査定時に「後で査定ミスとかで減額と言われても応じませんよと」と念を押して置くといいでしょう。

 

買取り契約書に事故の有無走行距離の改ざんの有無など記入欄があるか確認要 
後日再査定条項がある買取り業者は注意したほうがよさそうです。

解約トラブル

クーリングオフできるからとの虚偽説明で契約を強要
父が高齢で車の運転ができなくなったため、自動車買い取り業者に査定に来てもらった。査定だけのつもりで娘の自分が応対した

 

業者は7 万円だと言ったが、そのときの持ち主である父が不在なので「娘の自分では決められない、父の車であり、父の意思があるから」と言って帰ってもらおうとしたが、せっかちに契約書面の裏面の説明などをし始め、クーリングオフができると言って、強引にここにサインしてくれと、娘である自分のサインを求めた。

 

「父に確認してから」と言っても「大丈夫」と言われサインしてしまい、車検証、自賠責保険証、自動車税の納付書なども持って行かれてしまった。

 

業者が帰ってからじっくり契約書を読むと、入庫後はクーリングオフはできないと記載されている。 びっくりして、翌日に事業者に電話し、「クーリングオフできると言っておきながら、車を持って行ったあとはできないと書いている、この点は説明されていない」と苦情を言ったら、

 

上司から、「まるでうちの社員がだましたみたいではないか」と怒鳴られ「税や保険の返還の代理請求の委任状を早く出せ」
「車の保管料も請求する」と言われた。
(2011 年7 月受付 40 歳代 女性 自営・自由業 千葉県)

 

 

解約料が売却代金より高い
昨日、車の買い取り店に行き無料査定してもらった。今月車検登録したこと、タイヤを2 本新品に替えたことなどを説明したが、価値はないと言われた。帰ろうとしたら「価値はないが買い取る」と言われ5 万円で契約をした。

 

今日になって、価格に納得できないので解約することにした。契約書を見たら裏面に「違約金の負担として売買代金100 万円未満は一律10 万円の解約料を支払うこと」と記載があったが、契約時に説明は受けていない。業者に解約料10 万円の根拠を聞くと、書類を記載する費用だと言う。納得できない。
(2011 年8 月受付 60 歳代 男性 無職 福岡県)

 

 

 

契約当日、引き渡しもしていないのに解約できない
インターネット上の車の無料見積もりサイトに自分の車の情報を入力したところ、たくさんの業者から車買い取りの電話がきた。たまたまある業者に査定のために来訪してもらった。

 

自宅の前の路上で、「65 万円で買う」と言い、迷ったが、かなりしつこいので「70 万円なら売ってもよい」と言ったところ、それで買うと言うので、自動車の中で契約書にサインし、母印を押した。その後別居中の妻に連絡したところ「売らないでほしい」と言われたので、
業者に連絡しキャンセルを伝えたところ、

 

「キャンセルできない、買い手がつき手付金ももらっている」と言われた。
当日のことで、まだ手元に車があるのにもう買い手がついたというのは信じられない。
確かに契約書にはキャンセル不可と記載があるがなんとかキャンセルしてほしい。
(2011 年9 月受付 30 歳代 男性 給与生活者 埼玉県)

 

 

家族内の反対でなくても一度契約書にサインをした場合、は解約に応じて貰う為に解約金が必要と言われても仕方がないので契約書にサインをする時は慎重にしましょう。

 

契約書がなくても手付金などを受け取った場合も同じように考えないといけないでしょう。 買取り業者は車を入手したらよほどでないと契約解除が無料という事はしないでしょう。

 

ユーザー側は返却、解約が気持ちにあるうちは契約しない事が必要なのかもしれないですね

災害被害車両相談や質問

不審な名称の水没車の買い取りサービス
新聞折り込み広告に「水没車救済現金化相談室」との名前で「水没車を高価で買い取る」とのチラシが入っていた。

 

水没した車が庭にそのまま置いてある。レッカー代もかかると思っていたのに、高価買い取りしてくれるなら、ぜひ売りたい。問題はないだろうか。
(2011 年5 月受付 50 歳代 女性 家事従事者 宮城県)年9 月受付 30 歳代 男性 給与生活者 埼玉県)

 

 

業者によっては問題のある所があるかもしれませんが、水没車や事故車の需要はあるので、選ぶ業者に注意しましょう。 査定依頼する時にレッカー代査定料などかかる費用を確認しトラブルにならないよう、確認しながら進めるのが良いでしょう。

 

こんな相談も
放射線の値が瑕疵(かし)にあたると言われた
車を売却して1 週間後、放射線の値が高いので売買契約を取り消したいと言われた。放射線量が瑕疵であると言われたが、契約の取り消しや解約の理由になるのか知りたい。
(2011 年9 月受付 20 歳代 男性 給与生活者 福島県)

 

被災地がどうなってもいいのか、と脅す
乗用車を2 台所有している。業者が自宅に来て「被災地に回したいから1 台売ってくれないか」と言う。断ると「被災地の人がどうなってもいいのか」と脅すように言われた。非常に怖かったので、また来て暴力をふるわれたりすると心配だ。どう対応すればよいか。震災直後に2 回、最近も1 回訪ねてきた。
(2011 年7 月受付 40 歳代 男性 給与生活者 埼玉県)

 

とにかく儲かればいいと云うような悪徳業者もいますので、業者選びが必要です。複数の業者のなかから選ぶことで回避できると思います。

 

安心できる買い取り業者を見つけるならズバット一括査定サイト

複数の業者の中から選ぶならオンライン一括査定の申込手順と重要なポイントを参考に


トラブルで困ったなら、早めに最寄りの消費生活センターに相談しアドバイスを受ける方がトラブルを最小限で対処できると思います


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOMEへ 買い取り業者徹底比較 車の買い替えと保険の引継ぎ 車査定アップの方法へ