車買取 車査定10万以上得する手順と注意事項

オークション会場の特徴

JU(組合系オークション)
 各地域の○○モータースとか ◆◆自動車数多くある
自動車販売店や自動車専業者の組合組織で 車の販売や修理の知識を学べるとか査定士や
整備士資格をとるための講習など組合員をサポートしていくことが目的の一つになっている
日本中古自動車販売協会連合会 が母体 

 

組合員が車の在庫を長期に抱え損が出たりしないようオークションに出品し無駄なく早期に販売
又オークション出品車両からユーザーの希望車種を一早く確保してに販売できるようにと出来た
地域密着型のオークション会場と言えます。地元で車を買えれば輸送コストなど無駄な経費が
いらずに少しでも販売しやすくなるメリットがあります
地元の販売店が出品するので車種はバラエティで珍しい車が出品される事もあるようです。

 

デメリットとしては出品台数が少なく希望車種がなく結局、
他のオークションに頼らなければならない事もありますね。

 

 

自動車メーカー系オークション

 

トヨタ、日産、ホンダ、いすずといった
メーカーや自動車ディーラーが母体となっているオークション会場。
出品車両はそれぞれの系列ディーラーからが大半で、検査は厳しく、車の同じ評価点でも
他のオークション車両より車の状態が良いようで品質の信頼度は高いようですね。

 

メーカー系オークションで評価点4点以上であれば殆ど満足度の高い車のように感じてます。

 

企業系オークション

 

特徴として言えるのが出品台数と会員数が多い事です。
会員数が多くなると欲しい車や人気の車は、必然的に競り合いも多くなって高額で落札されるし 
車種や出品台数が多いと希望車種が買える確率もあがるので売りたい人も買いたい人も
会員になりたいですよね

 

企業系の運営会社としては会員出品台数を増やす事が最も重要な事なのです。

 

企業系のオークション会場は中古車を数多く出品し落札してもらわないと利益が発生しない
とにかく出品台数と落札台数により収益をあげているのです。

 

仮に1.000台の出品台数があって20%が落札すれば
出品料 10.000円x1.000=1千万円
成約料 9.000円x 200=180万円
落札料 7.000円x 200=140万円

 

 合   計 1千320万円
手数料として入ってくることになります。

 

業界最大手のUSS東京では過去に1開催で10.000台以上出品車両があり成約60%以上という
実績もあります。ワンウイークで2億5千万円以上収益を上げたと云う事です。

 

 

カープライスの中古車買取オークション
カープライス株式会社が個人の車をオークションに出してくれるシステム
※ 注意点 全国対応ではありません。

 

出品手数料0円!価格に満足した時のみ売却OK
早ければ数十分満足しないときは翌日まで価格上昇を待つのも有り魅力あるオークションシステム

 

 

カープライス本社のある東京近隣が対象となりオークションに出品する査定表をプロが作成するためお店に行くか、出張での査定が必要となります。(無料)

 

推奨エリア
・ 東京都全域
・ 神奈川県横浜市、川崎市、千葉県千葉市、埼玉県さいたま市などなど、
上記以外の東京の近隣地域・遠方の方はお問い合わせが必要

オークション会場の特徴関連ページ

全国にある車のオークション会場
中古車セールスマンが明かす 車買取業者が車を流すオークション会場は全国にある 会場により特徴がある
地域別オークション会場
車買取業者が車を流すオークション会場は全国にある 会場により出品される車種に特徴があるUSS JU オークネット TVオークションなど

ホーム RSS購読 サイトマップ
HOMEへ 買い取り業者徹底比較 車の買い替えと保険の引継ぎ 車査定アップの方法へ